読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【告知】読むCafeにて掲載していただきました

読むカフェにて拙文を掲載していただきました。

【書評】早川タダノリ/『「日本スゴイ」のディストピア』 | 幻冬舎ルネッサンス運営 読むCafe

広告を非表示にする

【告知】読むCafeにて掲載していただきました

読むCafeにて拙文を掲載していただきました。

【書評】フェルディナント・フォン・シーラッハ短篇小説「チェロ」 | 幻冬舎ルネッサンス運営 読むCafe

広告を非表示にする

【エッセイ】コズエちゃんの思い出

 ロラン・バルトが「まなざし」について書いていた本を本棚から引っ張り出そうとしていたとき、ドアのチャイムが鳴った。昨日注文したAmazonからの配達だった。すぐに梱包を破ると、ロラン・バルトの『明るい部屋』が新品のまま、まるで私を責めるようにダンボールに収まっていた。

 私には同じ本を二冊買ってしまう癖が以前からよくある。色んな本を二冊ずつ持っていて、一冊は必ず誰かに譲ってしまう。そうした後で、ようやくその本を読むのだ。

続きを読む
広告を非表示にする

【告知】読むCafeにて掲載していただきました

読むCafeにて拙文を掲載していただきました。

映画『ソフィーの選択』について | 読むCafe

広告を非表示にする

【エッセイ】釣りについて

 釣りという行為には何かしら考えさせられるものがある。その行為は釣りをしない人々が一般的に抱くイメージとはかけ離れている。凡その釣りをしない人々がそれに抱くイメージは、照りつける太陽の下、老若男女が海を呆然と眺めながら、竿から釣り糸を垂らしている間延びしたイメージだろう。そのイメージは釣り人の受動的な身体拘束性を想起させるに違いない。

続きを読む
広告を非表示にする

【エッセイ】ミネルヴァの梟は迫り来る黄昏に飛び立つ

 今の実家がある新興住宅地に越してきたのは、確か、昭和天皇崩御の年で、元号が平成に変わった年だったはずだ。越してきた頃は、私の実家と畑を挟んだ隣の家しかなく、如何せん、人気のない淋しい山の斜面だから、田んぼや畑から響いてくる蛙や虫の音に満ちており、どこから漂うのかわからないけど、秋の涼の季節には金木犀の香りが鼻腔を和ませた。

続きを読む
広告を非表示にする