【エッセイ】企画展『ヒロシマの記憶を伝える〜町と人々の暮らし〜』から考える

広島市中央図書館で開催中の企画展概要】

 広島市の夏は暑い。地形的に、広島市は盆地ではないものの、市街地が、広島市の代表的な港、宇品や江波から遠いため、海からの風が届かず、街を練り歩く人々は、高い位置にある太陽からの光を、直接、身体全身に浴びるような、そんな感覚を覚えることだろう。しかしながら、私たちが広島市街地を散策するときに体感するあの暑さには、ある種の先入観が植え付けられているのではないだろうか。私は、昔から、常々、そう感じていた。この先入観については、後ほど、考察してみたい。

 先日、77日、広島市立中央図書館で催されている企画展『ヒロシマの記憶を伝える~町と人々の暮らし~』を観に行ってきた。この企画展は、デジタル・アーカイブ、つまり、先の戦前、戦中、戦後を記録したモノクロ写真を、AIによるニューラルネットワーク自動色付け+手動補正によってカラー化し、その写真を、原爆投下によって被爆した方々に見せることで、被爆者の方々の凍っていた記憶を解かす意味合いを込めて、東京大学大学院教授の渡邉英徳氏と、広島女学院高等学校三年生の庭田杏珠氏が、共同で推し進めているプロジェクトの一環として催されている。実際、渡邉氏と庭田氏がワークショップを通じて開発された、iOSアプリとAndroidアプリ『記憶の解凍』の展示も兼ねている。721日には、渡邉英徳氏と詩人のアーサー・ビナード氏、そして、広島女学院高等学校三年生の庭田杏珠氏を招いて、講演等のイベントも行なわれるらしい。企画展自体は、76日から9月1日まで催されているようだ。

続きを読む

【ノート】ベルクソン『物質と記憶』第一章の個人的な解釈と簡素な要約

 まず、外的世界としてのイメージ群があり、脳から派生する意識もイメージである。当然ながら、視覚を通じて現前する対象物である物質もイメージにすぎない。では、人間は外的世界、及び、物質的対象を知覚しえないのだろうか。そういうわけではない。しかし、イメージ群や意識を知覚に変換するためには、対象物に入り込む作用、反作用的可能性を伴った身体を、それらの中心に据える必要がある。すなわち、イメージから知覚への移行は次のような順序で為される。

 知覚の発生は、鏡像に似ている。基本的には、可能的身体は光線を屈折させながら透過させるが、ある瞬間、光線を反射する鏡になってしまう。しかしながら、その全反射こそが、物質的対象と可能的身体との相関関係、作用、反作用なのであり、そのときはじめて、意識の上に知覚が生じる。つまり、外的世界、イメージ群に囲まれた世界において、可能的身体は中心に位置したのである。中心に立った可能的身体は、既に、知覚した対象物、物質に向けて能動的に運動する。これが、自由意志である。

 自由意志とは、イメージ群にすぎない外的世界、及び、イメージとしての脳、意識が、連続的な時空間のある瞬間において、物質的対象と可能的身体との中間に、情動、つまり、感覚が媒介されたときに生じる、触感的な傷の治癒、あるいは、その拒絶を通じて、可能的身体が物質的対象に向けて能動的に働きかける、作用、反作用、運動の結果としての知覚なのである。

続きを読む

【書評】白い孤影 ヨコハマメリー/檀原照和

f:id:hsmt1975:20181230220704j:plain
檀原照和

 嘗て、横浜市中区黄金町に、所謂、「ちょんの間」という違法な風俗街が広がっていた。通りを冷やかすと、真っ昼間であるにも関わらず、下着姿に近い恰好をした多国籍な女性たちが「お兄さんいかが?」と声をかけてくる。私自身は、衛生的な理由から「ちょんの間」を利用した経験はないが、脳裏に焼き付いて離れない光景がひとつだけある。

 それは、ある店先でピンク色のスリップ姿の若い女性と対峙したときの光景だ。その若い女性は、その容姿から、明らかに東洋人だったが、私が店先を通りがかっても声をかけてこなかった。珍しい女性もいるものだな、とそのときはやり過ごしたが、その後も度々その若い女性のことを思い出しては忘れるということを繰り返したと思う。

 2005年の通称「バイバイ作戦」によって、横浜市中区黄金町一帯に広がる「ちょんの間」は権力によって一掃された。当時、私はすぐ傍の若葉町にあるマンションに住んでいた。無職で暇を持て余していたものだから、昼夜問わず、警察権力が24時間体制で黄金町の警備にあたっているのを端から見ていたものだ。時々、何も知らない人間を装って、警官と黄金町に纏わる世間話をした記憶もある。

 私が「メリーさん」に興味を抱いたのは、檀原照和著『消えた横浜娼婦たち』を読んだ後、映画『ヨコハマメリー』を観たのがきっかけだった。しかもそれは、私が2005年の暮れに横浜を離れてからのことだ。つまり、私は「バイバイ作戦」によって、横浜に残された最後のロマンが消えていくのと同時に横浜を離れ、その後、「メリーさん」という横浜のロマンを体現しているような存在に魅せられていくという、「遅すぎた横浜ロマン」の追従者だったわけだ。そして、2005年以降、私は横浜市中区には足を踏み入れていない。

続きを読む

【エッセイ】ナルシシズムの美学

 物心ついた頃からだろうか、私は「この私」が「この私」であることが不思議で仕方なかった。言い換えれば、「この現実」が「この現実」でしかないこと、眼前に広がる光景がそれ自体でしかないことに、何とも言い難い違和を抱いていた。それでも、その違和感はいずれ成長して大人になれば変化するのだろうという漠然とした期待も持ち合わせていた。

 大人になった今、当時の淡い期待の感覚を思い出すと、思わず失笑してしまいそうになる。なぜなら、大人としての私は、いまだに当時の違和感に苛まれているからである。それどころか、薄っすらと予感していた「この私」が「この私」でしかありえないという事実が明確になった今、私はもはや帰る場所を持たない異邦人のような心持ちで「この現実」を生きる他ないことに、マゾヒズム的に耐えている次第だ。

 おそろしく現実感覚に欠けていた私が「この現実」を生きること以外に選択肢はないのだと悟ったのは、人間が自然と分離し、あの忌まわしき「自意識」という、自分自身には制御不可能な、まるでファルスとでも形容したくなるような厄介物を手に入れてしまう時期、すなわち、性的に、文字通りファルスの勃起に芽生える思春期であったと思う。

続きを読む

【散文】ママ、手を繋いで

マサル君のママはいつでもニコニコとマサル君に微笑みかけます。

そして毎晩マサル君が眠りにつくときに、

「欲しいものを言ってごらん」と優しい声でささやきます。

マサル君はなんでも欲しいものをママから買ってもらえるのです。

 

ある日、マサル君はママとデパートへ買い物に行った帰り道、

近所の仲良しのお友達とすれ違いました。

そのお友達はお母さんと手を繋いで歩いていました。

お友達は何も持っていなかったけれど、

とても楽しそうだとマサル君は思いました。

続きを読む

【エッセイ】中年男の淋しさ、エイジズムについて

 いつ頃からだろうか。もう随分、長い間、中年男の淋しさということが、繰り返しあらゆる場所で語られている。もちろん、中年男といっても、三十代から六十代くらいの初老まで幅広いのではあるが、ここでは、定年退職した初老に近い六十代に焦点を当ててみようと思う。つまり、団塊世代よりは少し年下で、それでも、バブル経済謳歌し、その後のバブル経済崩壊から現代までの日本経済停滞を骨身に経験している世代だ。そんな六十代中年男の淋しさについて、少々、軽く考えてみたい(以下、六十代という呼称は省く)。

 考えてみれば、そんな中年男たちは90年代には既に中年男だったわけで、今から二十年前、渋谷という街で公然と行われていた、女子高校生相手の援助交際という名の売春に汗水垂らしていた中年男もいるのだろうと思う。私自身は、当時、二十歳と少しという年齢もあって、はっきり言えば、そんな中年男たちを嫌悪し、敵対視していた。当然だが、歳の近い女の子たちが中年男に万札でほいほい買われているのを見るのは辛いものがある。それこそ、淋しさと表現してもいいような感覚だった。実際に淋しかったのは、女子高校生も含めて誰だったのかはよくわからないけれど。

続きを読む

【書評】吉田修一/悪人

 この小説を普通に読めば、善と悪との二項対立の結果としての善悪の不在、とでもいったものに帰結してしまうだろう。そのような小説は近代以降既にありふれたものとなっており、読者をそこに駆り立てる技術の巧拙、つまり、アミューズメントとでもいったような要素がなければ、なかなか読者にページを捲らせることは難しい。では、そうではない観点からこの小説を読むことは可能だろうか。

 福岡市を中心としてその周辺地方都市を舞台に展開されるこのメロドラマを、もう少し大きな円として見てみると面白いかもしれない。それは、東京という中心から見たその周縁である福岡市とそのまた周縁である地方都市という観点である。戦後の高度経済成長、及び、その資本によって、地方都市における地域共同体とでもいうものは解体した。その結果、地方都市は奇妙な発展を遂げる。それは、日本全国総東京化である。そのような地方都市を、アトム化した個が寄る辺のないままにふわふわと漂っている。それがこの小説の大まかな構造である。

続きを読む