読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【詩】春への決別の歌

私には聴こえる、カーテンを閉めきったこの陰鬱な部屋で

冬の冷気が依然まだ残る、湿っぽいこの部屋で

春の訪れが予感のように歌ってらっしゃる おいでよ、おいでよ、おまえさん

 

私は窓際に立ち、そっとカーテンを開けてみる

なるほど、太陽はまだ低く、冬露が窓を覆っている

しかし遠くで春の調べが囁くのを私は知っている おいでよ、おいでよ、おまえさん

 

残酷とは春のことをいう 無遠慮な太陽、咲き乱れる桜、出て行く人間の浮かれ声

冬の優しさを知らないものは愚かものである 春の訪れを甘受するものは馬鹿ものである

 

ほらごらんなさい、春の声が近づいてきたではありませんか

おいでよ、おいでよ、おまえさん おいでよ、おいでよ、おまえさん

広告を非表示にする