読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【音楽】浜田省吾の左派性にみる80年代日本とアメリカ

音楽 エッセイ

 浜田省吾は1952年に、広島県竹原市に生まれている。彼が自身の楽曲に政治色を出し始めたのはアルバム『Home Bound』からだが、所謂「政治の季節」からすると、浜田は年少派ということになるだろうか。政治的な活動としては、1971年にアメリカが進めるベトナム戦争に加担しながらも広島平和記念式典に出席した佐藤栄作首相の矛盾を糾弾する反対運動に参加している(Wikipediaより)。『Home Bound』以降の楽曲が示しているように、浜田省吾という人物を左派と規定してもいいはずだ。ちなみに、Wikipediaによると、彼の父親は保守思想の持ち主だったらしい。

 1986年にリリースされた『J.Boy』という二枚組のアルバムのなかに「AMERICA」という楽曲がある。浜田省吾というシンガー・ソングライターは、基本的には少しテンポを遅くしたエイト・ビートの楽曲をもっとも得意とすると私は思っている(例えば、その他「夏の終わり」等)。「遠くへ1973年・春・20才」も実は当初エイト・ビートだった。

 話を戻そう。浜田省吾の「AMERICA」という楽曲はその歌詞を丹念に読めば、高度経済成長期から85年のプラザ合意を克服して経済成長を邁進する日本とアメリカの両姿が浮かび上がってくる。一例を挙げるならば、トヨタの自動車が80年代後半に、アメリカ人にボコボコにされるニュースを観た人は多いはずだ。しかし、トヨタ自動車はアメリカに工場を建て、現地のアメリカ人を雇用することでそれを克服した。端的にいえば、「AMERICA」という楽曲の歌詞はそれらの直前、84年に、東京を離れてアメリカに渡った日本人の男と、ニューヨークでダンサーになることを夢みていた女の喪失が歌われている。

 男と女はそれぞれの想いを抱いて日本の東京を離れ、アメリカの西海岸に渡った。映画の中のアメリカン・ドリームを夢みて。しかしながら、男は東京を離れて渡航したアメリカ西海岸で、鏡に映った日本人としての自分自身をみる。しかも、帰る故郷を喪失した自分自身を。つまり、彼はアメリカに居ながらにして、アメリカではなく東京に居る日本人としての自分を見つけるのだ。ここで重要なのは、彼が帰る故郷を喪失していることだ。東京を離れてアメリカに渡航したものの、そこにあったアメリカは、故郷、日本の東京と同じ風景だったのだ。彼にとって、東京とアメリカ西海岸は何も変わらない風景だったわけだ。そこで、楽曲のサビでは「We are looking for AMERICA」と浜田省吾は歌う。「映画の中のアメリカン・ドリーム」を夢みていたダンサーの女の喪失感とともに。モーテルの軋むベッドの上で、「もっと強く抱いて” と震えてたあの娘」と寂しさをともにしながら。

 1988年に浜田省吾は『FATHERS SON』という左派的な側面を全面に押し出したアルバムをリリースしている。そのなかに「DARKNESS IN  THE HAERT(少年の夏)」という楽曲がある。浜田は病室で独りきり逝去した父親をその歌詞で書き、更に「車の窓に映ってる俺の顔彼に似てる」と書いた。このアルバムの一曲目には「BLOOD LINE(フェンスの向こうの星条旗)」があり、その歌詞で彼は「Kids were looking Father 母親には愛し方さえわからず 探してもFather苛立つだけ」とサビで歌っている。

 広島県竹原市で生れた浜田省吾父親は保守思想の持ち主だった。「DARKNESS  IN THE HAERT(少年の夏)」では、その父親に左派としての自分自身の姿を重ねた。「BLOOD LINE(フェンスの向こうの星条旗)」では、上述した歌詞に、おそらく、日本とアメリカを重ねたと思われる。そこで歌われているFatherはアメリカの暗喩だろう。もっといえば、日本における父親不在としてのFather、浜田省吾自身の父親不在としてのそれだ。それゆえに、「探してもFather 苛立つだけ」なのだ。そして、「母親」とはいうまでもなく日本の暗喩である。では、浜田省吾はなぜ「車の窓に映ってる 俺の顔 彼に似てる」と彼の父親に自分自身を重ねて歌ったのだろうか。左派の彼が、保守思想の父親にである。おそらく、ここには保守思想であろうとする態度からしか見えてこない80年代日本の姿がある。「AMERICA」という楽曲を思い出してほしい。80年代において、左派としてアメリカを見つめたところで、「故郷」の東京の風景はアメリカと寸分違わなかったのだ。

 浜田省吾という人物を左派と規定することは誤りではないだろう。しかしながら、80年代にリリースされた彼のアルバムの歌詞には、日本とアメリカ、言い換えれば、母親と父親の狭間で引き裂かれた浜田省吾という人物の葛藤が垣間みえる。

 


浜田省吾 AMERICA (1986 Remixed in 1999)

広告を非表示にする