【詩】とある路上にて

夜明け前の鈍い意識をもってして

光と影が織り成す不調和に魅せられて 

いつまでも見ていても仕方がないから

路上に眠り込んでる女を起こしてやったんだ

 

ゆすってもゆすっても 女はうんともすんとも言わない

深い眠りなんだろうさ そこが女の棲家ででもあるかのように

 

ほら、まともさを装った連中が通りを歩き始めている 

俺はそいつらに反吐を撒いた後で尻を突き出してやった 

連中ったら驚いて顔をそむけてやがる 

可笑しいったらないから女を起こして話そうとしたんだ 

 

ゆすってもゆすっても 女はうんともすんとも言わない

深い眠りなんだろうさ そこが女の棲家ででもあるかのように

 

薄汚い壁に背をもたせかけて微睡んでいたんだ

いつの間にか太陽が昇っていた 光の支配の眩しさが

ふいに世界が溶け始めているのに俺は気付く

一刻も速くここを去らなければ

さもなければ俺も女も溶けちまう

 

娼婦よ、起きる時間だ、もうおまえの時間は終わった

娼婦よ、さあ起きてくれ、こんな場所にいちゃ気が違っちまう

娼婦よ、さてどこへ行こうか

俺たちがどこから来たのか憶えてるかい?

広告を非表示にする